社会人が短期で行くフィリピン留学が人気!

フィリピン留学といえば学生が多いイメージが強いかもしれませんが実は最近社会人留学が強い人気を集めています。
なぜ人気になってきているのかというと理由としてまず挙げられるのがビザの手続きなど事前の準備をする必要がない点です。
他国への留学の場合は渡航前にピザの取得が必要な場合がありますがフィリピンの場合は事前にビザの申請をする必要がない点が魅力として挙げられます。
ビザの取得は大使館などに出向き審査を受けて受け取るまでに時間がかかり非常に労力がかかりますが、フィリピンは事前にビザの申請が不要なので仕事が忙しい方でも留学準備に時間を取られることがありません。
続いてはマンツーマン授業がメインのカリキュラムを行っており、弱点や伸ばしたいスキルを徹底的に伸ばすことが可能です。
他の国では基本的にグループレッスンがメインとなっており、英語力に自信のない方はクラスの中に埋もれてしまう場合があります。
さらにマンツーマンレッスンを実施していても高額な価格設定になっており、あまり受けられないことがほとんどです。
フィリピンでは低価格でマンツーマンレッスンを定期的に受けることが出来るのでおすすめです。
続いてはなんといっても短期での留学が可能な点が魅力として挙げられ、フィリピンは成田から直行便で約5時間とフライト時間も他の国と比べると短いので時間がなかなか取れない社会人の方でも行きやすいと人気が高いです。
あまり長い時間休みが取れない場合はフライト時間の長さも気になるところですが、フィリピンはフライト時間が短く語学学校に1週間から留学をすることが出来るのでおすすめです。
そして留学の醍醐味である人脈を作ることが出来る点やキャリアアップすることが出来る点もメリットとなっています。
フィリピンは様々な業界や職種の方が留学をしていてクラスメイトになったり出会うことがあります。
普段の仕事では出会うことがないような方々との交流は英語以外の面でも大きな影響をもたらしてくれます。
そしてタイプ別に分けるとキャリアアップのために留学をする場合と転職前留学、定年後留学、定年前留学に分けられます。
キャリアアップに関しては仕事で海外のクライアントが増えたため会社の公用語が英語になったり昇格をするためにTOEICなどの資格の取得が求められている場合があります。
このように仕事で必要な英語スキルを身に付けるために留学に行く方が多いです。
続いての転職前留学に関してですがこちらは転職までの短い期間を利用して留学する方法です。
短期間から行けるフィリピン留学は時間があまりないけれど空いた時間を使って何かを始めたいという方に人気が高いです。
自然がたくさんありリゾート地として人気が高いフィリピンはバケーションも兼ねた留学が人気となっています。
そして定年後留学は日本で定年を迎えた方が海外旅行や海外移住などのセカンドライフを充実させるためにフィリピンに留学するケースが増えてきています。
学校によっては定年後のシニア留学の方向けにゆったりとしたプログラムを開講している学校もあるのでおすすめです。
このように社会人と一言で言っても人によって留学の目的が異なり様々な方がフィリピンへ留学されているので大人になってから留学をすることに躊躇している方もぜひ挑戦してみることをおすすめします。
そして社会人におすすめな学校はいくつかありますがその中の1つとして公認TOEICテストセンターであるキャピタルキャンパスが挙げられます。
cia フィリピン、セブにある大規模校でIELTSコースを持つクラッシックキャンパスと一般英語とTOEICコースを持つキャピタルキャンパス、そしてスパルタコースを持つスパルタキャンパスがあります。
そのため自分の勉強したいことを学ぶことが出来る環境となっています。